ブログのタイトルを変更しました。

SEOブログをやっているくせに

ブログのタイトルがもう何年も「レンタルサーバー web-matrix.jp」というダメダメなタイトルでしたが、やっと変更しました。

今度のタイトルは[レンタルサーバー屋さんのSEOブログ]・・・

タイトルとか名づけが苦手て嫌いだと言うのがでているようなそのまんまのタイトルです。


もっとこうスタイリッシュ(死語?)でトレンディ(死語やね)なタイトルをつけたかったけど、何も思い浮かばなくて、結局これですわ。

何でもそうなんだけど人に言うのは簡単なのね。

コンサルする時は『ターゲットを絞ってキーワードを考えましょう』だの『検索ボリュームがあ』とか『タイトルは非常に重要です』とかって言う訳よ

なのに、自分のブログになったらこの始末。


まあ、ぼちぼちとコンテンツの充実に向けて頑張ります。




style="display:inline-block;width:468px;height:15px"
data-ad-client="ca-pub-3273255340977123"
data-ad-slot="1232294209">


カテゴリー: HP作成について | コメント / トラックバック: 0個

これからは何故動画マーケティングなのか?その③

SEO対策なしに自分のサービスやサイトを目立たせる=上位表示させる

それには動画が最適なのですが、では具体的にどうすればいいのか?

まずユーチューブのアカウントを作ります。 コレは当然

そのユーチューブのアカウントのテーマを一つにします。コレは出来ていない人が多いです。
ペットの動画があったり、ランチの動画があったりしている中にサービスの動画やお勧めしたい商品の動画があるのはダメです。

ペットならペットの関連のみ、会社の商品なら商品のみ、サービスならサービスのみ


ユーチューブ動画のチャンネルもサイトやブログマーケティングと同じでテーマが一つの方が良いのです。


そしてタイトルや説明にキーワードを入れます。
検索エンジンに早く来てもらうために最後にブログで1個だけ被リンクをつけます。

今までのSEO対策でやった事と同じです。

基本はコレだけです。

コレだけで何故上位表示できるのか? それは圧倒的に動画コンテンツが少ないからです。


もちろん、動画コンテンツが多い分野もあって、それだと上記に加えてアノテーションや字幕の充実が必要になってきますし被リンクの質や数も必要になります。


でも、現状ではほとんどの分野の動画コンテンツが少ないのですよ。

例えば顧客サービスとしてサイトへのアクセスを増やすのに、動画で店舗のアピールします。

ユーチューブのチャンネルは地域に特化したチャンネルになっています。
そのチャンネルに「地域名+サービス」でタイトルをつけた動画をアップします。
概要にサイトのアドレスや住所などを入れる、顧客のサイトにはユーチューブの動画を埋め込む


これだけで動画はキーワードで上位表示されるわ、サイトも動画コンテンツもあるってことで評価が高くなるわで良い事づくめです。


今すぐ動画!!!て思いながらも出来ない


それは・・・

動画を撮らなきゃいけないって思っているからですよね?

動画を撮影しなくちゃって思っているからなかなか出来ない。

ユーチューブに動画コンテンツを掲載するのに動画を撮る必要なんて一切無いのですよ。


次回に動画を撮らない動画マーケティングについてお話しします。


カテゴリー: SEO対策, 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

SEOのこれからは何故動画マーケティングなのか?その②

SEOのこれからは何故動画マーケティングなのか?その②—SEOのこれからは動画を知らなきゃお話にならない

前回の、Googleの検索エンジンの簡単な歴史とGoogleハミングバードでわかった事、検索エンジンの歴史でも、最新のGoogleが行おうとしている事

そのどちらもが≪ユーザーが欲しい検索結果を返す≫と言うことです。


≪ユーザーが欲しい検索結果を返す≫と言うことと動画は深く結びついていて、これからその結びつきはより一層強くなるでしょう。

 

では何故≪ユーザーが欲しい検索結果を返す≫事と動画が結びつくのか?

 

最近のGoogleの検索結果に関して気がつくことは無いでしょうか?

ドンドン進化していく検索結果ですが、バラエティ豊かに変化して行っています。

どういう事かと言うと、1ページ目に表示される検索結果を各ジャンルから返そうとしています。

例えば『キャベツ』で検索すすると

1ページ目に、クックパッド等のレシピサイトだけではなく、画像・ニュース・大手企業・まとめサイトなどの情報が表示されます。

検索結果に通常のキーワードの検索結果に加えて、よく検索されるであろうジャンルが表示されます。

各ジャンル枠

・画像枠

・ニュース枠

・まとめサイト枠

・辞書枠

・動画枠

・ブログ枠

等、なるべく多くのジャンルでユーザーが欲しい答えの検索結果を返そうとしています。

各ジャンルの上位表示の順位は、ユーザーがどんな答えを必要としているのかで変わってきます。

画像検索が多いキーワードでは、画像を積極的に表示して、意味を欲しがるユーザーが多いキーワードでは辞書を表示する。

例えば、野菜の「ビーツ」で検索してみます。

野菜の「ビーツ」は野菜として知らない人が多いので、レシピ検索よりビーツとは何か?で検索されることが大く、検索結果にビーツとは何かのページが上位表示でレシピは5位です。

「キャベツ」だと、皆がキャベツの事は知っていて、キャベツとは何かで検索されるよりも、レシピ検索の方が多いのでキャベツのレシピが2位です。

検索する人が何を欲するかで、順位の違いが出てきています。

基本的な検索結果は多くのユーザーが知りたいであろうことですが

ユーザーの望む検索結果はさまざまなので、検索エンジンは、結果に各ジャンルの検索結果をなるべく多く掲載していこうともします。

パーセンテージは移り変わって行くと思いますが、検索結果に画像ジャンル枠、ニュースジャンル枠、まとめジャンル枠等が割り当てられ

当然、動画ジャンル枠も割り当てられてきます。

そして、特にGoogleの検索エンジンの今までの動向、≪ユーザーが欲しい検索結果を返す≫や、ユーチューブとgoogle+の関係からして、各ジャンル枠の中で一番伸びて行くのが動画ジャンル枠になるのは間違いありません。

それにはいくつかの理由がありますが、その理由については次回以降でお話しします。

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

SEOのこれからは何故動画マーケティングなのか?その①

SEOのこれからは何故動画マーケティングなのか?その①—-動画マーケティングで見えてくるこれからのSEO対策


最近ささやかれだした動画マーケティング

要するに動画を使って集客アップしようと言う事なんですが

美味しい言葉を沢山使って、動画を使うとお客様がどんどん来るように宣伝しています。

果たして真実はどうなのでしょうか?


 


動画マーケティングをやったほうが良いかやっても無駄なのかでいうと、もちろんやったほうが良いし、これから動画が大切なコンテンツになって行くことは間違いないです。

じゃあ、さっそく業者に申し込んで・・・の前に

動画マーケティングをちゃんと知ることが必要です。


何故なら、動画マーケティングの手法は一つではないからです。

大きく分けて三つのやり方があって、その三つを組み合わせたり、単独で行ったりするのですが



自分が何をしたいか?


それによって、どの方法でマーケティングをするのかを見極めなくては、せっかくお金をかけて動画を作ったのに無駄な事になってしまいます。

 

動画マーケティングをちゃんと知る上で大切なことは

 

何故、これからは動画マーケティングなのか?と言うことです。


SEO対策の今までの歴史を振り返る事によって
Googleが見据えるこれからのこれからの検索エンジンの未来を考える事ができます。


 

★Googleの検索エンジンの簡単な歴史


そもそも、Googleが大きくシェアを伸ばした大きな理由が検索エンジンにあります。


ユーザーに対して、より関連性の高い結果を返す。≪ユーザーが欲しい検索結果を返す≫これを目指しているのがGoogleの検索エンジンです。

 

実際、昔の検索はアフィリエイトサイトばかりが上位表示されて目的の情報にたどり着くまで苦労したものです。


キーワードや、サイトの作成にかかわる内部SEOを重視していた時は、単語を羅列しただけのスパムサイトが上位表示され

外部SEOである被リンクが重要視されるようになると、被リンクをつけまくっているペラサイトが上位にあふれかえって


また、ツールで作られているアフィリエイトサイトや、検索で上位表示されるのはこれらのサイトばかりで、まともなサイトに行きつくのに苦労した経験は記憶に新しいと思います。


そんな現状を少しづつ変えて行ったのがGoogleの検索エンジンでした。


いつのまにか知らず知らずに検索結果が変化して来ていることに気がついた人は少なくないと思いますがどうでしょうか?


ネットで仕事をしていて自分のサイトの順位は気になって、アップデートのたびに気を落としたり元気になったりしてGoogleアップデートが頻繁に行われているような気がしますが

実際自分が調べ物をする時には、欲しい結果が返ってきやすくなったと実感することはあまり無いので、検索する側からの検索エンジンの進化はあまり気にしたことが無いのが本音でしょうか?




日本YahooがGoogleの検索エンジンを採用したので、日本の検索のほとんどがGoogleになったのでGoogleでしか検索しないので

何かのきっかけで違う検索エンジンで検索してしまって、違う検索エンジンの検索結果にイラッとして検索しなおす人も多いと思います。




Googleは、≪ユーザーが欲しい検索結果を返す≫事に重点を置いて
SEO対策に関して何度も攻防を繰り返しながら、パンダアップデート、ペンギンアップデート、と来てGoogleハミングバードまで来てほぼ最終形態となったと思います。


この、≪ユーザーが欲しい検索結果を返す≫事が動画マーケティングに深くかかわってくるので、覚えておいて下さいね。

 

★Googleハミングバード


パンダアップデートとペンギンアップデートに関しての説明ははぶきますが、Googleハミングバードに関して少し説明すると



≪ユーザーが欲しい検索結果を返す≫進化形がGoogleハミングバードです。



例えばGoogle検索で、「1ドルは」と入れると、検索結果だけではなくて、000円と1ドル何円か教えてくれたり、「1フィート」と入れると、30.48 センチメートルと返ってきます。

計算を検索窓に入れると計算の結果を返してくれます。「28*56-66+33/140*(50+60*2)」と入れたら1542.07142857と返ってきます。

何を今さらなんですが、これらの進化形を目指しているのがGoogleハミングバードで、検索結果に、より人間的に≪ユーザーが欲しい検索結果を返す≫ようになってきています。


普通の会話の中で、「1ドルは」と聞くと、自然と円では何円?との答えが思い浮かびます。
「2+2」と聞くと「4」と思い浮かんでも「2+2 forums」baidu結果や「2ちゃんねる」 bing結果、は思い浮かばないと思います。

≪ユーザーが欲しい検索結果を返す≫と言うことは、検索された言葉の裏の意味を読み取って、ネット上にある情報のキーワードや被リンク等だけに頼らないで、より、高度な検索結果を返そうとしています。


 
この、GoogleハミングバードでGoogleが目指しているところを理解することで、動画マーケティングの重要性が読み解けてきます。

長くなったので続きは明日にでも書きたいと思います。



 


 

カテゴリー: SEO対策 | コメント / トラックバック: 0個

CSS3のアイコンがWEB上で超簡単に作れるよ

スタイルシートのアイコンが簡単に出来るサービスを見つけました。

http://www.uiplayground.in/css3-icons/

コレは素晴らしいです。

表示させたいアイコンをクリックするとタグが出てきます。

こーんな風に!タグを出してくれます。

<html>
<body>
<style type=”text/css”>

span{height:40px; width:40px; display:block; position:relative;}

.demoSpan1:before{content:”; height:12px; width:16px; display:b; border:6px solid #333; border-bottom:none; border-radius:50px 50px 0 0;-webkit-border-radius:50px 50px 0 0;-moz-border-radius:50px 50px 0 0; position:absolute; top:0px; left:6px; }

.demoSpan1:after{content:”; height:12px; width:28px; border-radius:4px;-webkit-border-radius:4px;-moz-border-radius:4px; border:6px solid #333; position:absolute; top:16px; left:0px;}

</style>
<span>
</span>
</body>
</html>

 

<html><body></body></html> タグは取りあえず無視して

 

出てきたタグの、<style type=”text/css”> ~</style> を <head>~</head> 内に貼り付けて

アイコンを表示させたいHTML内に

<span class=”demoSpan1″>  </span> を貼り付けます。

 

すると簡単にアイコンが描けちゃいます。

<span class=”demoSpan1″>  </span> はもちろんリンクタグで囲むこともできます。

 

 

 



カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

PageRankに一喜一憂した時代があった

いつからPageRank[ページランク]を気にしなくなったのだろう?

少し前まで、SEO業者やSEO対策に、PageRankは大切な物でした。

数年前までは確かにPageRankに一喜一憂した時代があったし、PageRankを上げるのに血眼になっていたし、PageRankの高いサイトから被リンクを送ることが仕事になっていたりしたのに

いつの頃からか、PageRank、PageRankって言うのが質の低いSEO業者のみになってしまったような気がする。

真面目にSEOに取り組んでいるところでは、PageRankという単語が以前より聞かれなくなっている。

それは、もうPageRankをそんなに気にしなくてもよくなって来ていたって事なんだろうな。

WEB戦略ラウンドナップさんの
[GoogleのPageRankはついに死んだのか?そしてSEOの競合調査はどう行うべきか]の記事がたいそう面白かった。


PageRankを、もう「忘れてしまう」ことをおすすめしてくれている、実際、もう「忘れてしまう」ことをおすすめされてから、はじめて、もうPageRankを忘れてしまいっている事に気がついた人も多いのではないかと思う。

PageRank自体がSEO会社のコマーシャルにしか使われなくなっている現状に気がつきました。


たしかに、もう必要が無いものになってしまいましたね。


カテゴリー: SEO対策 | コメント / トラックバック: 0個

それはアダルトサイトです。

お客様からの質問で、新しく開設するサイトがアダルトなのかどうなのか判断がつかないので、教えて欲しいとの質問があります。

00はアダルトサイトに該当するのでしょうか?とか

00を紹介したいけれどアダルトですか?などがあります。

はっきり言って、アダルトなのかどうなのか、迷ったら、アダルトサイトです。

アダルトサイトかどうかわからないサイト、それはアダルトサイトです。

アダルトサイトなのかな???違うのかな???など、とビクつきながら運営するなら、運営やめちゃったほうがいいです。

だいたいが、熾烈を極める競争しているジャンルです。

どっちかなって迷うって事は、そうなんですよ。



カテゴリー: HP作成について, お役立ち情報 | コメント / トラックバック: 0個

Yahoo! 「検索API」のかわりに

2013年8月14日に、Yahoo! JAPANの「検索API」が提供終了となりました。

Yahoo!検索APIのかわりのサイトを紹介しますね。



UnitSearch
http://www.lifexweb.com/lab/unitsearch.php

goodkeyword
http://goodkeyword.net/




カテゴリー: HP作成について, SEO対策, お役立ち情報 | コメント / トラックバック: 0個

進化?か?Yahoo検索とgoogle検索を画像で比較

猫で検索した結果です。


yahooは「猫の動画(53,500,564件)-Yahoo!検索(動画)」を2つ目に

「猫の画像(151,000,136件)-Yahoo!検索(画像)」を4つ目

「猫のまとめ検索結果(4453件)-NAVERまとめ」を5つ目

「猫に関するQ&A-Yahoo!知恵袋」を7つ目

「図鑑 – ねこ – Yahoo!ペット」を8つ目

googleではある、「猫 のニュース検索結果」は何故か見当たらずです。


いい感じかどうかは置いといて、面白い感じではあります。


青で囲ったところが独自なところです。




カテゴリー: HP作成について, SEO対策, お役立ち情報 | コメント / トラックバック: 0個

googleの検索オプションと表示設定と言語ツールが消えているのにやっと気がついた。

この間やっと気がついた

 

検索オプションと表示設定と言語ツールがいつの間にか消えている


 
今はこんな感じです。

どうやら一年近くたつ模様です。

さて、どこから行けばいいのか?

探しました。

面倒なことになっていました。

 

何でもいいので何か検索して

 
右上の歯車をクリック


ウーン前の方がよかったけど、面倒な人は下記からどうぞ

検索の設定
http://www.google.co.jp/preferences#
言語の設定
http://www.google.co.jp/preferences#languages
検索オプション
http://www.google.com/advanced_search


カテゴリー: お役立ち情報, 未分類 | コメント / トラックバック: 0個
  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読む

  • メーター

    フィードメーター - レンタルサーバー web-matrix.jp
  • RSS RSS

    • ブログのタイトルを変更しました。
      SEOブログをやっているくせに ブログのタイトルがもう何年も「レンタルサーバー web-matrix.jp」というダメダメなタイトルでしたが、やっと変更しました。 今度のタイトルは[レンタルサーバー屋さんのSEOブログ] […]
    • これからは何故動画マーケティングなのか?その③
      SEO対策なしに自分のサービスやサイトを目立たせる=上位表示させる それには動画が最適なのですが、では具体的にどうすればいいのか? まずユーチューブのアカウントを作ります。 コレは当然 そのユーチューブのアカウントのテー […]
    • SEOのこれからは何故動画マーケティングなのか?その②
      SEOのこれからは何故動画マーケティングなのか?その②—SEOのこれからは動画を知らなきゃお話にならない 前回の、Googleの検索エンジンの簡単な歴史とGoogleハミングバードでわかった事、検索エンジンの […]
    • SEOのこれからは何故動画マーケティングなのか?その①
      SEOのこれからは何故動画マーケティングなのか?その①—-動画マーケティングで見えてくるこれからのSEO対策 最近ささやかれだした動画マーケティング 要するに動画を使って集客アップしようと言う事なんですが 美 […]
    • CSS3のアイコンがWEB上で超簡単に作れるよ
      スタイルシートのアイコンが簡単に出来るサービスを見つけました。 http://www.uiplayground.in/css3-icons/ コレは素晴らしいです。 表示させたいアイコンをクリックするとタグが出てきます。 […]
    • PageRankに一喜一憂した時代があった
      いつからPageRank[ページランク]を気にしなくなったのだろう? 少し前まで、SEO業者やSEO対策に、PageRankは大切な物でした。 数年前までは確かにPageRankに一喜一憂した時代があったし、PageRa […]
    • それはアダルトサイトです。
      お客様からの質問で、新しく開設するサイトがアダルトなのかどうなのか判断がつかないので、教えて欲しいとの質問があります。 00はアダルトサイトに該当するのでしょうか?とか 00を紹介したいけれどアダルトですか?などがありま […]
    • Yahoo! 「検索API」のかわりに
      2013年8月14日に、Yahoo! JAPANの「検索API」が提供終了となりました。 Yahoo!検索APIのかわりのサイトを紹介しますね。 UnitSearch http://www.lifexweb.com/la […]
    • 進化?か?Yahoo検索とgoogle検索を画像で比較
      猫で検索した結果です。 yahooは「猫の動画(53,500,564件)-Yahoo!検索(動画)」を2つ目に 「猫の画像(151,000,136件)-Yahoo!検索(画像)」を4つ目 「猫のまとめ検索結果(4453件 […]
    • googleの検索オプションと表示設定と言語ツールが消えているのにやっと気がついた。
      この間やっと気がついた   検索オプションと表示設定と言語ツールがいつの間にか消えている   今はこんな感じです。 どうやら一年近くたつ模様です。 さて、どこから行けばいいのか? 探しました。 面倒な […]