◆iPhoneでLINEスタンプ作成 その2

解説画像にも猫を使ってしまいます。
猫しか書けない木村です。笑

 

さてさて、本日は前回の続きです。

前回の記事を読んで頂いている方は
お手元のiPhoneもしくはiPadにアプを入れて
準備は万端になっていると思います(^^)b
今日は、イラストを描くアプリ
【Adobe Ideas】を使ってイラストを書いてみましょう!
絵心がない…
という方もご安心ください!

Adobe Ideasでは、下絵をなぞって
イラストを書くことも出来ます!

まずは元になるイラストを用意し
カメラで撮るなどして、iPhone・iPadに
保存してくださいね(^^)b

 

◆Adobe Ideasを使ってみよう!

・元になるイラストの取り込み

元になるイラストをiPhoneに取り込んだら
Adobe Ideasを開いてください。

すると、『+』アイコンと
画像アイコンに『+』がついたアイコンがあります。
直接イラストを書く場合は『+』アイコンですが
今回は元となるイラストを参考に書くので
画像アイコンに『+』がついたアイコンを
タップして、画像を選択してください。

すると、画像が開かれます。

 

◆画像を重ねよう

画像を開くと、編集画面が開きます。

この画面のツールバーに、ひし形が重なった
ようなアイコンがあります。

このアイコンをタップすると
『描画レイヤー』と『写真レイヤー』という
項目が表示されますので、『写真レイヤー』
を選んでください。

すると、左右にスライドするバーが
表示されますので、左右に動かすと…

画像が薄くなります!

この画像をなぞってイラストを書くので
画像を薄くしておきましょう。
これで、イラストを描くための準備が整いました。

 

◆イラストを描く

まずはペンツールで画像をなぞっていきます。

色は後で塗りますので、まずは外側の
枠線を書いていきます。

線の色はカラーアイコンから変更可能ですが
カラー選択の際には『RGB』を選びましょう。
(LINEスタンプのガイドラインで、カラーモードをRGBにするように指定があります。)

 

◆画像に色をつける

ペンツールを選択し、再度タップすると
他のツールが表示されます。

色を塗る時は、一番右のバケツアイコンで。

表示されるツールは左から
ペン・筆・マジック・インクペン・バケツ
となっているので、色々試しても楽しいです。

ペンツールの下は
消しゴム・手のひらツール・戻る、進む
というように、ツールが並んでいます。

色を塗るにはバケツツールを選択して
カラーを選択し、塗りたい場所をタップします。

 

◆イラストが完成したら

イラストが完成したら、最初に選択した
ひし形が重なったアイコンをタップして
写真レイヤーのチェックを外します。

すると薄くしておいた元画像が消えますので
後は画像を保存するだけです。
これでイラストの作成が完了しました!
参考画像のようなイラストであれば
ほんの2,3分で書くことが出来ます。

 

次回はBrushes 3を使って画像の大きさを調整します。
お楽しみに!!

 

11-26-1 11-26-2 11-26-3 11-26-4 11-26-5 11-26-6

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - iPhoneでLINEスタンプ作成 その2
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]